小口径管推進工法
小口径管推進工法とは?
SPEEDER
■「小口径管推進工法」について
■「スピーダー」システムの
 構造と特徴

■施工方式「仮管併用二行程方式」
■工法の特徴
道路占有面積及び立坑が小さい
幅広い土質対応
低耐荷力推進
推進管
■施工手順

「小口径管推進工法」について


工事風景1 日本国内では、市街地での「パイプライン敷設工事」は 上記のような現場環境条件が年々厳しくなっていることから、非開削工法が多く利用されるようになってきています。そのため、上記の条件を満たす設計、施工が求められています。

株式会社ホウショウEG「小口径管工法の開発」について
Line

工事風景2 株式会社ホウショウEGではこうした時代のニーズに合わせて、1980年から推進工法の開発を進め、「スピーダー」という機種名で極小径管の推進機を制作してきました。

狭い占有面積を小型軽量で容易に使用できる機械を目標に開発し、現在に至っています。

代表機種「SR-50s」は「仮管併用二行程低耐荷力方式」を採用。敷設用推進管(φ200〜φ 500)を許容耐荷力以下で推進を行う機種で、発進、到達立坑を出来る限り縮小、道路占有面積 を減少させ、幅広い土質対応と高精度施工のできる推進を目標に開発された小口径管推進機です。

[Top]


「スピーダー」システムの構造と特徴


水平ボーリング技術を応用した超小型の小口径管推進機で、回転圧入、オーガー掘削、水圧の3機能から、高精度な長距離推進が可能。超軟弱地盤から礫混じりの硬質地盤まで適応できる仮管併用二行程方式の推進システムです。

システムの主要設備
Line

[Top]


施工方式「仮管併用二行程方式」


当工法は「確実性」と「高精度施工」を重視して、仮管併用二行程方式を基本としています。

第一行程目(リード管推進)
Line

リード管推進 先導体(スピーダーヘッド)により、水圧アンバランス方式にて仮管(リード管)推進を行います。位置検出方式は、先導体(スピーダーヘッド)最前部に装着された高輝度発光ダイオードを推進機後方に据え付けたトランシットにて目視確認しながら読みとる方式。推進方向は360°、任意の方向に容易に修正が可能です。

最大60m(SR-50sの場合)推進して、±3mmという高精度施工を実現しています。

第二行程目(埋設管推進)
Line

埋設管推進 貫通した、仮管(リード管)の後方に先頭カッターとスクリューロッドケーシング及び敷設用推進管(L=1000mm/SR-50sの場合)を取り付けて、仮管(リード管)を到達坑へ押し出しながら掘削ヘッドでオーガ掘削を行い、スクリュー排土にて、土砂を発進立坑に排土しながら敷設します。

施工手順図
Line


[Top] [Next]Next Page
Main Menu